諸費用と売却|お部屋探しなら不動産屋が力になる|注意するべき不動産売却
積み木

お部屋探しなら不動産屋が力になる|注意するべき不動産売却

諸費用と売却

模型

知っておくべき

不動産を売る時は、売れたら自分に大金が入ってくる事になります。しかし同時に数々の諸費用が発生しますので、それらもしっかりと支払わなければなりません。いざ不動産売却となった際に、ここまで費用が発生するとは聞いていないと揉め事を起こしてしまう事も人間なのであるかもしれません。しかしそんな事は回避するべき事でもありますし、事前に知っておく事も可能です。ならば知っておくに越したことありませんので、売る際にお世話になろうと思っている不動産屋の担当に話を聞いても良いですし、事前にネットで情報を把握してもいいのです。兎に角不動産を売却するにあたって発生する諸費用を知るべきです。

主な諸費用

主に仲介手数料と、譲渡税と呼ばれる税金と、印紙代や登記費用が発生する諸費用の主な物です。この諸費用に自分達の引越し費用を含めている方もいますが、それも間違いではありません。費用といえば費用です。仲介手数料については消費税を除く売上金額から計算されて出されます。金額に応じて支払う料金は変わってくるという事です。主な計算方法などはインターネット上に掲載されていますので、そこからおおよその金額を計算してみるというのも有りです。そして譲渡税ですが、売却時に譲渡益が発生した際に譲渡税から計算されて出される金額になります。所得税と住民税が発生するようになっています。しかし文章での説明では良く理解が出来ないかもしれません。そういった場合はやはり直接話を聞いたほうが理解が出来ますので、諸費用については不動産屋の担当からしっかりと聞いても大丈夫です。